MENU

IMaCについて

学内所属組織の枠を超えて、プロジェクトベースで、教員・事務職員・URA等がIMaCというフィールドに集い、プロジェクトマネジメントを行いつつ、「組織」対「組織」の共創活動を実施するため、2021年10月1日にイノベーション・マネジメント・コア(Innovation Management Core)を設立しました。

体制図(2021年10月1日現在)

(2021年10月1日現在)

IMaC設置規程の制定について

1.IMaC設置の趣旨・目的
① 学術研究、産学連携及び橋渡し支援機能を集約したイノベーション創出を全学的に推進する中核組織として、IMaCを設置する。
② IMaCは、基礎研究力強化から産学連携・共創加速を全学組織横断的に行うイノベーションエコシステムの構築を通じて、本学における財政基盤の強化、収入財源の多様化、学術・研究力の強化、人材育成、起業・新規事業創出等の加速に資することで、大学改革とともに社会に対して新たな価値を提供し続けることを目的とする。

2.業務
産学連携・共創に基づく事業実施に係る施策の企画、立案、調整及び実施
知的財産戦略に関する企画、立案、調整及び活用
研究開発プロジェクトにおける部局横断的な研究体制・人材育成体制の強化及び推進
④ イノベーション創出に関わる経営戦略の策定

3.運営体制
統括部門として、プロジェクトマネジメントオフィス(PMO)を置き、プロジェクトごとに最適なチーム編成を行う。
コア長、副コア長を置くとともに、業務遂行に必要なフィールド・ユニットを置く。

4.スケジュール
令和3年10月1日付設置